Q 市販のシャンプーと、美容室のシャンプーはどっちがいいんですか?

 

A 美容室のシャンプーで自分に最適なものを選んでもらいましょう。

 

市販のシャンプーで私が良いと思うものは、正直に言うとありません。

 

なぜなら本当に髪に良い成分を使うと原価が高くなるため、市販されている価格帯では、採算が取れなくなるからです。また、メーカーの商品には宣伝費も上乗せされています。その分、美容室のシャンプーより原価を安く抑えなければならないのです。

 

シャンプーの性能を五角形のパラメーターで表すとしたら、市販のシャンプーは全てが平均値になっています。一方美容室のシャンプーはどれかの性能が高く、他は低いというように、何かに特化しているものが多いです。

 

そのため、美容室のシャンプーだったらどれでもいい、というわけではありません。生まれ持った髪質や、パーマをかけてから経過した時間、カラーを何回しているかなど、ひとりひとり異なる髪の状態に合わせてシャンプーを選ぶことが大切です。


分かりやすく説明するならば、市販のシャンプーはドラッグストアでも買える薬、美容室でしか買えないシャンプーはお医者さんにしか出せない薬、といったところでしょう。美容室のシャンプーは、お客様の髪の状態に合わせて美容師が選ぶことが前提となっています。そのため、万人向けのものではなく、ある性能に特化したものになっているのです。したがって、正しい知識を持っていない美容師だと、お客様ごとに適切なシャンプーを選ぶことができず、かえって合わないものをオススメしてしまうこともあります。

 

また、市販のシャンプーのなかにも、「ボリュームアップ」など何かの性能に特化しているかのように宣伝文句をうたっている商品があります。しかし、「ボリュームアップ」と言っても実は薬剤でキューティクルを広げ、髪をゴワつかせているだけという場合が多々あります。要するに海水浴のあとに髪がゴワゴワする状態をシャンプーでつくっているのです。これ以外にも「髪の毛がまとまる」や「増毛効果がある」というシャンプーは実際には効果がないものがほとんどです。

 

シャンプー選びにおいて大切なことは自分が目指している髪の状態を把握し、今の髪の悩みに対して適切なシャンプーを使えているかどうかを見直すことです。

 

そして、自分のなりたい髪質を信頼できる美容師に伝え、自分に合ったシャンプーを一緒に選ぶことをおすすめします。単純に選んでもらうだけではなく、「どのくらいの量を使えばいいのか」「何分くらい洗えばいいのか」などの洗い方も確認してください。

 

Q お湯だけで髪を洗う「お湯シャン」は本当に髪にいいんですか?

 

A お湯シャンはオススメです!ただし、シャンプーをした方がいい人もいます。

 

シャンプーは使用せず、お湯のみで髪と頭皮を洗うのが「お湯シャン」です。芸能人でも実践している方がいて話題になりました。実は、アンチエイジング治療専門の美容形成外科医、宇津木龍一う つ ぎり ゅう いち先生がオススメしている洗髪方法でもあります。

 

お湯シャンのメリットとしては、

 

・シャンプーによる髪・頭皮へのダメージがなくなる

 

・頭皮から出る天然のオイルが、髪にうるおいを与えてくれる

 

ということがあります。

 

実は、髪の汚れはほとんどお湯だけで落とすことができます。そして、お湯だけで洗うことで、シャンプーの洗浄成分や余分な物質が残らないので、髪と頭皮は非常に良い状態になります。

 

また、頭皮から出る皮脂のなかに含まれるオイル「ワックスエステル」が天然のトリートメントとなり、髪にうるおいやハリを与えてくれます。

 

皮脂が髪をキレイにするということに実感がわかない方は、高熱を出して寝込んでしまったときを思い出してください。お風呂に入れない日が2、3日続くと、頭皮は汗でベトベトしてきますよね。そんなとき、髪はしっとりしてキレイになっていた経験はありませんか? それこそ皮脂の効果です! いつもはシャンプーで流されてしまう髪にとって必要なオイル「ワックスエステル」がちゃんと残っていて、髪を保湿しているのです。

 

お湯シャンを実践するときは次のポイントに気を付けてください。

 

@お湯は38℃以下に

 

髪のタンパク質にダメージを与えないように、お湯は体温以下のぬるめの温度にしてください。

 

A10分以上時間をかける

 

シャワーで十分に髪の汚れを落とすために、じっくり時間をかけて洗ってください。

 

ただし、以下の方はシャンプーの使用をおすすめします。

 

・スタイリング剤を使っている方

 

スタイリング剤がベッタリついているとお湯だけでは洗い流せません。

 

・臭いが気になる方

 

髪には空気中の臭いが付着します。臭いが気になるという方はシャンプーを使ってください。とくにタバコの臭いはお湯では落ちません。

 

・カラーやパーマ、縮毛矯正をしている方

 

これらの施術に使用した薬剤は髪や頭皮に残留します。薬剤が残留している間、どんどん髪は傷んでしまいます。そのため、髪から薬剤を取り除くシャンプーを使う必要があるのです。

 

シャンプーを使うのは、お湯で十分汚れを落としたあとにしてください。また、シャンプーは直接頭皮にはつけないように髪全体を泡だて、その泡で30秒ほど軽く揉み洗いし、その後またお湯で5分以上すすいでください。

 

お湯シャンをすると頭皮からフケが出やすくなるのではないか、と心配する人もいます。しかし大半の方のフケの原因は乾燥です。実はシャンプーをするほうが、頭皮の脂を落としすぎてしまうので乾燥してフケが出やすくなってしまいます。

 

それから、夏場はどうしても髪が汗でベトベトしてしまい気になる方も多いと思います。お湯シャンを試してみたい方は、汗が収まってくる秋冬からはじめてみてください。